安い海外WiFiのレンタル料金を調査中!

初めての海外WiFiレンタル

初めてのレンタルWiFi

海外旅行で携帯代の高額請求・・・そうならないためには?

更新日:

海外旅行でiPhoneやスマフォのネットはどうすればいいのか?
ネットで調べたけどいまいちわからない・・・・

とにかく高額請求がこないようにしたい!

そんな方に海外旅行で思わぬ高額請求がこないように、iPhoneやスマフォでどのように設定すればいいのかを解説したいと思います。

100%高額請求がこない安心な方法!

まず絶対に高額請求がこない方法を先にお伝えします。
シムカードを抜いて海外旅行にいけばいいのです。

 

シムカードとは各キャリア(docomo、au、SoftBankなど)との契約情報が記録されたカードなんです。

つまりこのシムカードがiPhoneやスマートフォンに入ってなければ、各キャリアの電波が使えません。
だから100%安心なのです。

しかしシムカードを抜いてしまうことでのデメリットもあります。

全くインターネットが使えない!

シムカードを抜いてしまうと、日本国内の野外では全くインターネットが使えなくなります。

海外旅行前日にシムカードを抜いて準備・・・をしてしまうと移動の際にインターネットがつかえませんので不便ですよね。

シムカードを抜くベストのタイミングは飛行機の中、もしくは搭乗直前です。

シムカードを紛失する可能性アリ

しかしシムカードは非常に小さいカードです。

2016年現在のiPhoneに使われているシムカードは指の爪サイズのカードです。
※写真

非常に小さいので、これをなくさないようにしっかりと管理しなければいけないのがデメリットなんです。

なおシムカードは紛失すると2,100円の再発行手数料がかかります。
バカバカしいですよね・・・

ですのでシムカードを抜くという対策をするのであれば、こういったケースを買ってかならず紛失しないようにするのがベストですね。

MYTK SIMカード収納用アルミケース SIM 変換アダプタ iPhone6S /6S Plus /6Plus/5S/5C/4/4S/SAMSUNGなどのスマホに対応 SIM 変換アダプタ SIM収納ケース

100%高額請求を防ぐことができるシムカードを抜くという対策ですが、下記の2つがデメリットですね。

  1. 国内でインターネットが使えなくなる
  2. シムカードの紛失リスクがある

海外にいる間は機内モードにしておく

シムカードを抜く以外には、ずっと機内モードにしておくという方法です。

機内モードとは、iPhoneやスマートフォンの通信機能を全てオフにする機能です。
飛行機の中で安全のために機内モードにしてください〜と言われるヤツです。

海外に着いてからも機内モードにしておくことで、一切の通信がされません。
なので高額請求の心配がなくなるということです。

忘れる可能性があります

しかし、この方法だと忘れる可能性がありますね。
iPhoneをカバンの中に入れっぱなしにしていたり、ついつい機内モードにするのも忘れてしまいます。

機内モード+WiFiをオンにする

しっかり機内モードにすることを忘れない人はこのテクニックも使ってみましょう。

機内モードにしてからWiFi機能をオンにすることで通信会社の電波を使わず、WiFiだけを使う状態にできます。

このように機内モードにしてからWiFiをオンにします

これなら高額請求の心配なく、無料WiFiだけを使うことができます。

100%安心なのはシムカードを抜く

携帯料金の仕組みや機内モードについてあまり詳しくない・・・・という方はやはりシムカードを抜くのが1番安心ですね。

海外でのネットは無料WiFiかレンタルWiFiを使う

シムカードを抜いた状態でもWiFiは使うことができますので、旅行先の無料WiFi(大体ホテルにあります)やレンタルWiFiを使うのがいいです。

海外旅行に複数人数でいけば、みんなでレンタルWiFiをシェアできます。
シムカードを抜いてもいいですし機内モードにして使ってもOK

またレンタルWiFiは料金もシェアできるので2〜3人で使えば1人200円/日程度の料金です。(※国によって料金が変わります)

まとめ

iPhoneやスマフォの操作に全く慣れていない人は、シムカードを抜いて海外に行く方法が1番おすすめです。

機内モードやWiFiのオンオフなどの操作がある程度分かる方であれば、機内モードでの対応がオススメです。
※シムカードは本当に小さくて無くしやすいので・・・・・

海外でインターネットをどれぐらい使う?

また海外でインターネットがほとんど必要ないのであれば各国の公共機関やホテルの無料WiFiで十分です。

グーグルマップやレストランの情報などを移動中に知らべるのであれば(今の時代ほとんどこちら)レンタルWiFiを借りて海外に行くべきです。

レンタルWiFiがあれば飛行機が着いた瞬間からインターネットを使うことができますので、バスや電車の待ち時間を有効活用できますし、SNSのチェックもできます。

以上、海外旅行での高額請求を防ぐ方法は?でした。

海外WiFiレンタル会社の比較表はこちらから!

【保存版】海外レンタルWiFi各社の料金まとめ

このページでは海外レンタルWiFiの代表的な4社の 通信プランやオプション料金をまとめています。

続きを見る

高コスパの海外レンタルWiFiランキング!

海外レンタルWiFiを徹底リサーチしている管理人による、高コスパWiFiのランキングです。

jetfi(ジェットファイ)

海外レンタルWiFi業界の新鋭jetfi(ジェットファイ)
なんとすべての料金プランが4G回線でしかも大容量というわかりやすさが魅力。
他社が複雑なプランなのに対しjetfiはシンプルな料金、渡航国によって最安値。
新しい会社のためキャンペーンも多く、現時点で最もコスパがいい会社です。

イモトのWiFi

知名度No.1のイモトのWiFi

コスパが良く、受取ができる空港も1番多い。

キャンペーンをよく開催しており、どの国を選んでも安いプランが多い。
何より大容量オプション(500MB/日)が無料というのがウリ。

ワイホー

海外WiFiレンタル会社の老舗だけあって安さが魅力。
唯WiFiルーターの受取手数料もなく電源プラグも無料貸し出しと良心的な対応。

WiFiをレンタルするならぜひつけたい補償プランもWi-Hoが1番安い

レンタル会社の比較表はこちら!

1

海外旅行の前に絶対に準備したいのが「レンタルWiFi」です。(ポケットWiFi) 海外でも日本といるときと同じようにiPhoneやスマフォが使えると便利ですし、緊急時にも非常に役に立ちます。 このサイ ...

-初めてのレンタルWiFi

Copyright© 初めての海外WiFiレンタル , 2018 AllRights Reserved.