安い海外WiFiのレンタル料金を調査中!

初めての海外WiFiレンタル

通信プラン一覧表

【保存版】海外レンタルWiFi各社の料金まとめ

更新日:

このページでは海外レンタルWiFiの代表的な4社の
通信プランやオプション料金をまとめています。
レンタルWiFiは

渡航先によって料金が異なります
ので参考にしてください。 このまとめで掲載している各社の特徴は以下のとおりです。

レンタル会社の特徴を先に読みたい場合は↑からジャンプできます

海Wi-Fiレンタル料金の仕組みについて

最初に海外レンタルWIFIの料金の仕組みについて説明しておきます。 どの会社も以下の3つの料金を足したものがレンタル料金です。

  1. 通信プラン
  2. 補償などのオプション
  3. 受け取り・返却手数料

補償プランやオプションは任意での加入ですが、受取・返却手数料は会社によってはかならず発生します。 では上記料金のそれぞれの比較表を紹介していきます。

代表的な4社の通信プラン

比較表では、それぞれの会社を同じ条件で比較できるように作っています。

比較表の条件

  • 1日あたりの料金を税抜きで表示(海外利用なので免税)
  • 1日に通信できる量は
    500MBのプランで記載(500MB以外場合は※表記で注記)
  • 3G回線と4G回線の両サービスがある場合は、それぞれの金額を記載

通信プラン一覧表

アジア周辺国と、人気国やヨーロッパ周辺国の価格を記載しています。


イモトのWiFi


Wi-HO!


GLOBAL WiFi


アジア周辺国
韓国 4G \1,050 4G \680 4G
\980
\680
4G \970
台湾 3G \890 3G \680 4G \1,280 4G
\980
\680
3G \1,170 4G \1,370
中国 3G \680 ※250MB 3G \680 4G \1,280 4G
\980
\680
3G \1,170 4G \1,370
香港 4G \1,050 3G \680 4G \1,280 4G
\980
\680
4G \1,170
タイ 3G \680 ※250MB 3G \680 4G \1,280 4G
\980
\680
3G \1,170 4G \1,370
シンガポール 3G \680 ※250MB 3G \680 4G \1,280 3G \1,170 4G \1,370

イモトのWiFi


Wi-HO!


GLOBAL WiFi


ハワイ 4G \1,050 3G \980 4G \1,580 \1,280
\980
4G \1,470
グアム 3G \980 ※350MB 4G \980 ※250MB 3G \980 4G
\1,280
\980
4G \1,370
アメリカ 4G \1,050 3G \980 4G \1,580 4G
\1,280
\980
4G \1,470
ドイツ 3G 850円 ※250MB 3G \980 4G \1,580 4G
\1,280
\980
3G \1,270 4G \1,670
フランス 4G \850 ※200MB 3G \980 4G \1,580 4G
\1,280
\980
3G \1,270 4G \1,670
イギリス 4G \850 ※200MB 3G \980 4G \1,580 4G
\1,280
\980
3G \1,270 4G \1,670
スペイン 3G \850 ※250MB 3G \980 4G \1,580 4G
\1,280
\980
3G \1,270 4G \1,670

イモトのWiFi


Wi-HO!


GLOBAL WiFi



※グローバルWiFi社の通常プラン(250MB/日)と超大容量(1GB/日)は記載していません。

料金プランや通信速度について

上記の通信プランは1日分の料金です。


Wi-Ho!をレンタルして台湾へ4日間のケース \890×4日=\3,560

また、レンタル会社によって3Gと4Gの通信プランがあります。 カンタンにいうと、4Gは3Gに対して10倍の通信速度がある規格です。
引用:https://www.globaldata.jp/plan/country_lte/?agent=PGD -イモトのWiFi 海外でもサクサクにインターネットをしたい人には4Gプランをおすすめします。 4Gは3Gに比較して10倍のインターネット速度がありますが、

通信の上限量は変わらない
ので注意してください。

オプション料金

海外WiFiレンタルにはオプションがいくつかあります。 会社によって提供しているオプションは違いますが、共通部分を比較しています。

オプション料金一覧表

各社のオプション料金の一覧です。(税込)


イモトのWiFi


Wi-HO!


GLOBAL WiFi


補償プラン \216 \324 \324 \324
電源プラグ 無料 \194 \54 \54
モバイルバッテリー  \216 \270 \216

※すべて1日あたりの価格

各オプションの解説

補償プラン:もし海外で盗難にあったり、紛失してしまったときの保証です。 もし未加入で紛失してしまった場合は、1台あたり約
\40,000代金を弁償しなければいけません。

ただし海外で盗難にあった場合は海外旅行保険やクレジットカードの保険でカバーできますので覚えておきましょう

電源プラグ:海外では電源プラグの形や、電圧が異なります。 家電量販店で500円ぐらいで電源プラグが販売されているので、海外旅行に今後も行く予定があれば購入しましょう。
モバイルバッテリー:これは説明不要ですよね。 iPhoneやスマフォを充電するモバイルバッテリーは持っているんではないでしょうか。 レンタルする必要なないと思いますが、
Wi-Fiルーターの電池消耗量は激しい
ことは覚えておきましょう。大容量のモバイルバッテリーを持っていくのがおすすめです。

受取/返却手数料

最後に受け取り、返却手数料の料金表です。 WiFiルーターを受け取る方法は「郵送」と「空港受取」の2通りがあります。 会社によって
手数料が発生したり無料なところもあります。 返送については、ほとんどの会社が空港返却は無料、郵送は実費負担となっています。


イモトのWiFi


Wi-HO!


GLOBAL WiFi


郵送受取 \540 \540 \675 (レターパック)  \540+配送料
空港受取 無料 \540  ✕  \540
郵送返却 送料自己負担 送料自己負担  \675 (レターパック) 送料自己負担
空港返却 無料 無料 無料

各社の特徴まとめ

4社のそれぞれの料金を比較したところで、各社の料金プランの特徴をまとめました。

やすさのワイホー

安さならワイホーです。 通信プランもほとんどの国で
最安値ラインですし、

空港受け取りをすれば手数料は無料
です。 また、かならずつけたい補償も4社の中で最安の\200です。(他社は\300) \100円の違いですが、10日間レンタルで\1,000円も違います。


Wi-Ho!の申し込みはこちらから!

ユーロ圏No.1のイモトのWiFi

イモトのWiFiもワイホーに準じて安いプランが多いです。 韓国・台湾・中国では最安値の料金です。 特にヨーロッパへ渡航する時に「

とにかく安いプランがいいな・・・
」となったらイモトのWiFiをレンタルしましょう。 ユーロ周辺国で\1,000/日以下(3G)の料金なのはイモトのWiFiだけです

ヨーロッパなどに行くときは長期旅行なので安いものがオススメ

例:1日\400円安くなれば10日間で\4,000も節約可能

また、イモトのWiFiは他社ではオプション扱いの500MB/日の大容量プランを標準化しています。
不満点は、空港受取でも手数料が発生するところです。 特徴をまとめると、ワイホーと同じく
安いところで探すならイモトのWiFiです。

イモトのWiFiの申し込みはこちらから!
イモトのWiFiの申し込みはこちらから!

いま1番オトクなjetfi

「どのレンタルWiFiが1番安いのかな・・・・」といった調べることは面倒です。 旅行の準備って他にも色々あって大変なので、迷わずにさくっと決めたいものです。 そんな方にオススメなのはjetfi(ジェットファイ)

  • アジアなら
    \980/日

    \680/日
  • それ以外の国なら
    \1,280/日

    \980/日

こんな風に料金がシンプルなんです。 「じゃあ料金が高めなんじゃないの?」 と、思うかもしれませんがなんと国によっては1番安い場合もあります。 またjetfiのWiFiルーターは、バッテリー付きなのでモバイルバッテリーとしても使えるのがオトクです。


iPhoneやスマフォを充電できます

またjetfiは

日本国内で通信しても料金は発生しません

なので飛行機に前にWiFiの設定をしておける安心感があります。

jetfiが1番オトクな理由

2017年3月時点ではキャンペーン価格で安くなっています。 キャンペーン料金は
全社の中で最安値です。

【公式】jetfi


また、新しくリリースされた300MB/日の通信料プランもキャンペーン対象なので

\480/日
とかなり安くレンタルできます。

細かなプラン選択ができるグローバルWiFi

グローバルWiFiは4社の中で
最もプランの種類が豊富です。 下記はグローバルWiFiの料金表の一例ですが、プランがたくさんありますよね。 (中国にいたってはVPNプランを含めると6種類です)


どうしてこんなに料金プランの種類が多いのか? データ通信量によって細かくプランが別れているからなんです。 グローバルWiFiの通信プランはこのようになっています。
こんな風に細かく分かれています。 海外に行った時に

自分が1日どれぐらいの通信料が必要か?
が分かる人向けです。 例えば以下のような使い方であれば「通常プラン」で十分です。

  • 出張として行くけど、メールチェックぐらいしかネットを使わない
  • LINEをチェックしたい
  • グーグルマップや翻訳アプリを少し使いたい

こういった自分にあったプランが分かる人は、グローバルWiFiがオススメです。 また

中国でのVPNサービスがあるのはグローバルWiFiのみ
です。



  以上、各社の料金プランと特徴を紹介させていただきました。 もし初めての海外レンタルWiFiで、手続きがどんな流れなんだろう・・・?という疑問があるかたはこちらをどうぞ。

高コスパの海外レンタルWiFiランキング!

海外レンタルWiFiを徹底リサーチしている管理人による、高コスパWiFiのランキングです。

jetfi(ジェットファイ)

海外レンタルWiFi業界の新鋭jetfi(ジェットファイ)
なんとすべての料金プランが4G回線でしかも大容量というわかりやすさが魅力。
他社が複雑なプランなのに対しjetfiはシンプルな料金、渡航国によって最安値。
新しい会社のためキャンペーンも多く、現時点で最もコスパがいい会社です。

イモトのWiFi

知名度No.1のイモトのWiFi

コスパが良く、受取ができる空港も1番多い。

キャンペーンをよく開催しており、どの国を選んでも安いプランが多い。
何より大容量オプション(500MB/日)が無料というのがウリ。

ワイホー

海外WiFiレンタル会社の老舗だけあって安さが魅力。
唯WiFiルーターの受取手数料もなく電源プラグも無料貸し出しと良心的な対応。

WiFiをレンタルするならぜひつけたい補償プランもWi-Hoが1番安い

レンタル会社の比較表はこちら!

1

海外旅行の前に絶対に準備したいのが「レンタルWiFi」です。(ポケットWiFi) 海外でも日本といるときと同じようにiPhoneやスマフォが使えると便利ですし、緊急時にも非常に役に立ちます。 このサイ ...

-通信プラン一覧表

Copyright© 初めての海外WiFiレンタル , 2018 AllRights Reserved.